夢さがしプロジェクトとは

何を学ぶかを知り、
何がしたいかに出会う

toha

私達は、子供達の自立的な人生設計力を育む為のキャリア教育を提供するNPO法人です。
“夢さがしプロジェクト”の最大の特徴は、自ら子育てを経験し子供のやる気のスイッチをどう入れたらいいかを悩み、試行錯誤した母親達による手作りの活動である事です。
「なぜ勉強しなければならないのか?」と疑問を持つ子供達が、自らの将来に夢と目標を持ち、その達成の為のモチベーションを持てる様なお手伝いをする。それが、私達“夢さがしプロジェクト”の役割です。
勉強する意味。突き詰めるとそれは世の中に出て、どの様に働きお金を稼ぐかを学ぶ事です。
しかし、現代の様な先の見えない不透明な時代を生きる子供達は、果たしてどのように未来を生き抜いていけばいいのでしょうか?
「良い大学を出て、良い会社に就職すれば、幸せな人生を送る事が出来る」
かつての成功モデルですら通用しなくなりつつある今、他者に依存するのではなく、自分の力で人生を切り開いていく事が今の子供達にはより求められます。そして、子供達が自立して学ぼうとするモチベーションを作るのは、私達大人の役割ではないかと思うのです。
2006年の設立以来、“夢さがしプロジェクト”は、若者達の夢実現の為の様々な教育プログラムをこれまで各地で実施してきました。当初は手探りで始まった活動も、多くの方々の励ましや支援のおかげで少しずつ大きくなって参りました。
やがて社会に出て、大人として羽ばたく若者達に希望というモチベーションを手に入れてもらう為に。
“夢さがしプロジェクト”は、今後も歩んでいきたいと思っております。